中々治らない更年期障害には正しい対策を|症状に合わせた治療を

治療室

腹痛や食中毒の治療

看護師

都筑区で内科を受診するとき、いつからどのような症状が出たのかきちんと説明できるように思い出しておくようにしましょう。食中毒などの症状の場合には、いつどこで食べたものが原因か、3日前くらいまでさかのぼって食事内容を聞かれるので、メモなどに書いてから都筑区の内科を受診するとスムーズに対応できます。腹痛や食中道などの消化器系の症状でも、内科で治療することが可能で、都筑区の家の近くにかかりつけの内科病院があれば、近所の病院を受診すると、移動などで体力を消耗しないで済むようになります。食中毒の場合には、安静にして胃腸を休めることが重要で、お腹の中の細菌やウイルスが早く外に排出されるよう、市販の下痢止めなどの薬を服用しないことが必要です。

食中毒などの症状で下痢や嘔吐がある場合、水分を補給して脱水症状を防ぐことが大切です。水も飲めなかったり、すぐ嘔吐するほど症状がひどかったりする場合には、すぐに都筑区などの内科を受診して、点滴をしてもらう必要があります。症状や原因を特定するためにレントゲン検査や血液検査などの検査が行われ、重症の場合にはCT検査などが行われる場合もあります。近所のかかりつけの内科医院では、CT検査などの専門の装置を置いていないところも多く、紹介状を書いて大きな総合病院で検査をしたり、設備の整った病院へ転院したりするなどの対応をしています。紹介状があればそれまでの病歴や症状がきちんと伝わるので、スムーズに治療を継続することができます。